1. ホーム

朝日信金について

朝日の行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

朝日信用金庫は、平成29年9月27日付で東京労働局から、「次世代育成支援企業」として認定を受け、4期連続で「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました。
平成26年4月より仕事と子育てとの両立を図るため行動計画を策定し、働きやすい職場づくりを目指して人事諸規程の改正やリフレッシュデー、朝日プレミアムフライデー等を実施してきたことが評価され認定に至ったものです。
今後も引き続き、当金庫が推進する「朝日のCSR」活動の一環として、職員が働きやすい職場環境作りを推進し、お客さまに信頼いただけるよう努めて参ります。

また、第5期行動計画は、以下のとおりとしました。

1.計画期間

平成29年4月1日~平成32年3月31日

2.行動計画

目標1 育児休業等を取得し、又は子育てを行う女性職員が就業を継続し、活躍できるよう管理職研修等を実施いたします。
目標2 業務フローの改革により残業時間の短縮を目指します。

なお、朝日信用金庫は東京労働局から行動計画に対する実績が評価され、「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称:くるみん)を平成21年、平成23年、平成26年、平成29年と4期連続で取得いたしました。

くるみん

認定マーク(愛称)「くるみん」
2009年・2011年・2014年・2017年認定
星の数は、これまで認定を受けた回数を表しています。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

女性総合職を増やし、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、朝日信用金庫は次のように行動計画を策定いたしました。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.当金庫の課題

女性管理職の比率が低い。

3.目標

女性管理職比率を2倍とする。

4.取組内容

取組1 女性総合職キャリアプランの作成および実施
取組2 女性総合職を対象とした研修の実施

5.女性活躍に関する状況

採用した労働者に占める女性労働者の割合(平成27年度)

《総合職》4名÷20名×100=20%
《担当職》10名÷10名×100=100%

男女の平均継続勤務年数の差異(平成27年12月31日現在)

《総合職》17.42年÷19.75年×100=88.2%
《担当職》13.91年÷21.25年×100=65.5%

  • ※女性の平均継続勤務年数÷男性の平均継続勤務年数×100(%)
個人のお客さま
  • 朝日WEBダイレクト
  • 朝日投信WEB
法人のお客さま
  • 朝日ビジネスWEB
  • 朝日でんさいサービス
  • 朝日外為WEB

ページの先頭に戻る