1. ホーム

ライフイベント

セカンドライフ

セカンドライフ

必要な生活費とご自分の年金額を確認しましょう!

老後に必要な生活費

最低限必要な生活費 月平均22.0万円
ゆとりある生活費 月平均35.4万円

※出典 (財)生命保険文化センター「平成25年度生活保障に関する調査」

年金額(月額)<平成26年度の年金額の例>

国民年金 64,400円 老齢基礎年金(満額):1人分
厚生年金 226,925円 夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額

※出典 厚生労働省「平成26年度の年金額は0.7%の引下げ(報道発表資料)」

※厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準です。


ご自分の「年金」を知りましょう。

年金に関する疑問や不安を解消

ご自分の年金について、わからないことや不安に感じていることはありませんか?「年金相談センター」の専門アドバイザーが年金に関するさまざまなご相談にお応えします。


大切な資産は、運用方法をじっくり考えて活かしましょう。

退職金は専用の定期預金で賢く運用

「朝日退職金定期預金」は、特別金利で3ヵ月間お預かりする定期預金です。まずは3ヵ月、その間に今後の運用方法を考えてみませんか?


投資信託の運用は慎重に

退職金は大切な資産です。「ふやす」ことなら投資信託ですが、「リスク」も考えねばなりません。特定の商品に偏ることなく分散投資をおすすめします。お電話でのご相談も承っております。

投資信託ラインナップはこちらから 投資信託に関するご相談


公的年金だけでは不安という方に

ゆとりあるセカンドライフを楽しむために、個人年金保険で「自分の年金をつくる」ことはいかがでしょうか。お電話でのご相談も承っております。

保険商品ラインナップはこちらから 保険商品に関するご相談


不動産などの資産に関するご相談

「お客さまサポートセンター」では、ファイナンシャルプランナーが不動産の有効活用や相続対策などのご相談を承っております。

資産に関するご相談


大切なお孫さまの将来のために

「教育資金一括贈与専用口座」は、お子さまやお孫さまが30歳になるまでに必要な教育資金をまとめて「一括贈与」するための専用口座です。お一人あたり1,500万円まで非課税となります。


お孫さまのため将来に向けた資産形成に活用できます

ジュニアNISAは未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。
投資額からの収益(売却益・配当等)が非課税となります。


充実したセカンドライフを楽しみましょう。

年金を受給されている方専用の楽しいサークル

「こすもす倶楽部」は、当金庫に年金受給口座をご指定いただいている方の楽しいサークルです。会員の方向けに一泊旅行や観劇会を毎年開催しています。


年金を受給されている方専用の優遇商品

定期預金の金利優遇など、当金庫で年金をお受け取りいただいている方専用に優遇商品をご用意しています。


快適な暮らしをサポートするローン

当金庫で年金をお受け取りいただいている方専用のローンです。ご自宅のバリアフリー・増改築費用、マイカー購入や旅行費用などにご利用いただけます。

個人ローンラインナップはこちらから ローンのご相談


個人のお客さま
  • 朝日WEBダイレクト
  • 朝日投信WEB
法人のお客さま
  • 朝日ビジネスWEB
  • 朝日でんさいサービス
  • 朝日外為WEB

ページの先頭に戻る