1. ホーム

朝日信金について

お客さま本位の業務運営

フィデューシャリー・デューティー宣言
~お客さま本位の業務運営を実践するための取組方針~

1.お客さまへのお約束

朝日信用金庫は、お客さま本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表するとともに、公表した方針に基づいて真にお客さまのお役に立つ商品や情報をご案内することをお約束いたします。

アクションプラン
  • 業務報告会や資産運用セミナー等での質問事項やご指摘等「お客さまの声」に一層耳をかたむけ、お客さま本位の業務運営に一層取組んで参ります。
2.お客さまにとって最良・最適な商品やサービスをご提供いたします

朝日信用金庫は、金融機関としての高い専門性と職業倫理をもって、お客さまにとって最良・最適な商品やサービスをご提供し、お客さまの最善の利益を図るよう努めます。

アクションプラン
  • お客さまの安定的な資産形成に資するため、お客さまのライフステージやニーズを把握したうえで最善の提案を行う「コンサルティング営業」に努めます。
  • 金融商品の販売にあたっては、定期的なアフターフォローにより保有資産の状況や市場環境等の情報を提供を行い、お客さまの最善の利益の追求に努めます。
  • 各営業店毎の資産運用セミナーや相続対策セミナーを開催する等、お客さまの要望・ニーズに合わせたきめ細やかな情報提供に取組んで参ります。
3.特定の投信会社や保険会社に偏った商品のご提供はいたしません

朝日信用金庫は、お客さまの立場に立った商品のラインナップに努め、特定の投信会社や保険会社に偏った商品のご提供はいたしません。

アクションプラン
  • 投資信託・保険商品の販売においては、朝日信用金庫の関連会社あるいは特別に親しい関係にある投信会社・保険会社はありません。
  • 朝日信用金庫が販売する投資信託・保険商品は、一部の会社の商品に偏ることなく、お客さまの要望やニーズを踏まえた商品選定を行います。
4.手数料等を分かりやすくご説明いたします

朝日信用金庫は、お客さまが負担する手数料やその他の費用について、その手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め分かりやすくご説明いたします。

アクションプラン
  • 投資信託については、販売手数料の概算額を明示するとともに、信託報酬・信託財産留保額についてもお客さまに分かり易く説明いたします。
  • 外貨建保険や変額保険等については、商品概要書により保険会社から当金庫に支払われる販売手数料を明示するとともに、その他費用の内容を保険設計書等を使用して分かり易く説明いたします。
5.販売する商品や各種サービスの重要な情報を分かりやすくご提供いたします

朝日信用金庫は、投資信託や保険商品を販売する際、販売用資料やパンフレット等を使用してお客さまの立場に立った分かりやすいご説明を行う他、商品の購入や各種サービスに関する重要な情報についても分かりやすくご提供いたします。

アクションプラン
  • 投資信託のラインナップ表を改訂する等、各商品の販売手数料・信託報酬等を一覧にて分かり易く表示し、お客さまの要望にあった商品や費用等の低い商品を選択しやすいよう努めます。
  • 投資信託においては、次のような商品内容を丁寧に説明し、十分なご理解を得たうえで販売いたします。

    ・投資対象・主なリスク(価額の変動要因等)・分配金(普通分配金と特別分配金)
    ・費用(購入手数料・運用管理費用等)
  • 保険商品については、保険設計書や商品概要書等を使用して商品の重要な情報(保険金額・解約返戻金・各種リスク・費用等)を分かり易く説明する他、ご契約後には、郵送にてご不明点の有無・証券受領等の確認を行います。
6.お客さまにふさわしい商品・サービスをご案内いたします

朝日信用金庫は、お客さまの資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ご要望に合わせて、お客さまにふさわしい金融商品や各種サービスをご案内いたします。

アクションプラン
  • 朝日信用金庫は、日頃のお客さまとのお取引をつうじて得た情報やお客さまカード等によりお客さまの状況の把握に努めたうえで、お客さまのご要望に沿った商品やサービスをご提供・ご案内いたします。
  • 投資信託や保険商品の営業を専門に行うアドバイザーを増員する等、お客さまにふさわしい商品のご案内や的確なアドバイスを行うための態勢強化に努めます。
7.職員への教育を徹底し人材の育成に努めます

朝日信用金庫は、お客さま本位の業務運営を一段と高めるため、職員への教育を徹底し人材育成に努めます。

アクションプラン
  • 職員に対する継続的な研修や適切な評価体系等の動機づけをつうじて、お客さまの健全な資産形成のお役に立てる人材育成に努めます。
  • 朝日信用金庫は、お客さま本位の姿勢を徹底するとともに、各職員が金融機関の職員としての専門的知識を向上させるよう研修体制の充実に努めます。

フィデューシャリー・デューティー宣言に係るアクションプランの取組状況(PDF形式:125KB) 朝日信用金庫のKPI(成果指標)について(PDF形式:217KB)

Get Adobe Reader
PDFファイルのコンテンツをご覧になるには、
日本語版AdobeReaderが必要です。
個人のお客さま
  • 朝日WEBダイレクト
  • 朝日投信WEB
法人のお客さま
  • 朝日ビジネスWEB
  • 朝日でんさいサービス
  • 朝日外為WEB

ページの先頭に戻る