1. ホーム

各種指針・取り組みなど

フィデューシャリーデューティー宣言(お客さま本位の業務運営を実践するための取組方針)に係るアクションプランの見直しについて

令和3年1月に金融庁の「顧客本位の業務運営に関する原則」が改訂されるとともに、同年5月には改訂内容に示された「重要な情報の分かりやすい提供」への対応として、『「重要情報シート」を作成・活用する際の手引き』が公表されております。
当金庫においても「重要情報シート」の作成・活用を行うとともに、ホームページに掲載しているアクションプランを下記のとおり見直しましたのでお知らせいたします。

令和3年11月

≪アクションプランの追加≫

【販売する商品や各種サービスの重要な情報を分かりやすくご提供いたします】
  • 金融商品を販売する際には、同種の商品と比較しやすい資料等を利用して説明するよう努めます。(重要情報シートを今年度中に作成することを予定しています)
  • 当金庫では、複数の金融商品をパッケージ化した商品の販売は行っておりません。
【お客さまにふさわしい商品・サービスをご案内いたします】
  • 投資信託や特定保険商品(外貨保険等)については、定期的および必要なタイミングでアフターフォローを実施し、改めて商品内容等についての説明を行います。
  • 当金庫は金融商品の組成会社等の委託を受け商品の販売を行っています。(金融商品の組成には携わっておりません)

朝日信用金庫は、今後も「お客さま本位の業務運営」の実効性を一段と高めながらお客さまへ最良のサービスの提供を行うよう努めて参ります。

フィデューシャリー・デューティー宣言に係るアクションプランの取組状況(PDF形式:275KB) 朝日信用金庫のKPI(成果指標)について(PDF形式:430KB)

お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)について
フィデューシャリー・デューティー宣言
~お客さま本位の業務運営を実践するための取組方針~

Get Adobe Reader
PDFファイルのコンテンツをご覧になるには、
日本語版AdobeReaderが必要です。
個人のお客さま
  • 朝日WEBダイレクト
  • 朝日投信WEB
法人のお客さま
  • 朝日ビジネスWEB
  • 朝日でんさいサービス
  • 朝日外為WEB

ページの先頭に戻る